お名前.comとさくらのサーバーとWordPressの設定・接続

お名前・COMとさくらのレンタルサーバーとWordpress

お名前.comで取得したドメインとさくらのレンタルサーバーとの設定・接続を紹介すると同時にWordpressの自動インストール設定もついでに説明します。簡単なのですぐやってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

さくらのサーバーの設定方法

サーバコントロールパネル ログイン画面を表示させます。※クリックしたら飛べます。

さくらのサーバーで登録したメールアドレスに仮登録完了のお知らせメールが来ているハズなのでそちらを参照してログインします。

ドメイン名に初期ドメインを入力します。

パスワードはあなたが任意で決めたパスワードを入力して送信するをクリックします。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー1

 

次に下記の画面が表示されますので、ドメイン設定ドメイン設定をクリックします。

ドメイン画面が表示されたら新しいドメインの送信をクリックします。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー2

 

下記の画面が表示されます。項目5の他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性形jpドメインを使うドメインの追加へ進むをクリックします。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー3

 

他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性形jpドメインを使う画面が表示されます。

お名前.comで取得したドメイン名を入力して送信するをクリックします。

※ドメイン名はhttp:とwww.を除いたドメインになります。

※プリマリネームサーバとセカンダリネームサーバはお名前.comの設定で使用します。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー4

 

ドメイン追加最終確認画面が表示されます。

間違いが無ければ送信するをクリックします。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー5

 

ドメインの追加-完了画面が表示されます。

詳細設定にすすむをクリックして下さい。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー6

 

ドメインの使用方法をお選び下さい画面が表示されます。

項目2のマルチドメインの対象のフォルダをご指定下さいの部分で任意のフォルダ名を入力して送信をクリックします。※なるべく短い言葉を使用して下さい。その他はそのままで結構です。

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー7

 

以上でさくらのサーバーの設定は終了です。

 

お名前.comの設定方法

お名前.comログイン画面を表示させます。※クリックすると飛べます。

ドメイン取得時に登録したメールアドレスにドメイン完了通知が送られてきています。そこに記載されている会員ID自分で付けたパスワードを入力してログインをクリックします。

 

お名前.com

お名前.com1

 

次の画面でNaviTOP画面を選択して対象のドメインのネームサーバー変更するをクリックします。

 

お名前.com

お名前.com2

 

次画面で他のネームサーバーを利用をクリックしてさくらのサーバーで取得したプラマリネームサーバーセカンダリネームサーバー入力します。

入力が終わったら一番したの追加入力をクリックします。

 

お名前.com

お名前.com3

 

その後再度確認画面が出ますので間違い無ければ設定するをクリックしてお名前.comでの設定は終わりになります。この後は約半日ぐらいドメインの設定で使えない状態が続きます。ドメインが使える様になったらお名前.comから設定完了の通知が来ますので、それまでの間にさくらのレンタルサーバーログ保存設定を済ましておきましょう。

 

さくらのレンタルサーバーログ保存設定

さくらのレンタルサーバーでのエラーログとアクセスログを残す様に設定します。これが有る事により500.503エラー対処がスムーズに行えますので、是非ご利用下さい。※初期設定ではログは残さないに設定されています。

サーバコントロールパネル ログイン画面を表示させます。※クリックしたら飛べます。

アプリケーションの設定内のアクセスログの設定をクリックします。

アクセスログの設定画面が表示されるのでアクセスログ保存設定残すを選択して・エラーログも残すレ点を入れて下さい。

アクセスの保存期間は好みで判断すればいいですよ。余り古いログは有っても意味ありません。

ホスト名の情報残すを選択して下さい。

全ての項目が終わりましたら送信するをクリックして終わりになります。

 

さくらのレンタルサーバーその他設定

さくらのレンタルサーバーその他設定

 

以上でさくらのレンタルサーバーのログ保存設定の説明を終わります。

 

さくらのサーバーWordpressの自動インストール

お名前.COMからドメインの設定完了通知が来たらWordpressの自動インストールを行います。

さくらのサーバーのサーバコントロールパネルにログインします。※クリックすると飛べます

アプリケーションの設定の中のデータベースの設定をクリックします。

データベースの設定画面が表示されますのでデータベースの新規作成をクリックします。

データベースバージョンが最新になっている事を確認してデーターベース名の横の入力欄に任意の言葉を入れます。

※ここのでの任意の言葉がフォルダーになってWordpressが入ります。

データベース文字コードUTF-8に変更します。

全てが完了したらデータベース作成するをクリックしてデータベースの作成は終わりです。

 

wordpress

wordpress4-2

 

サーバーコントロール画面に戻って運用に便利なツールの中のクイックインストールをクリックします。

カテゴリーメニューが表示されるのでブログをクリックします。

 

wordpress

wordpress1-1

 

インストールメニューが表示されるのでWordPressをクリックします。

 

wordpress

wordpress2

 

注意事項が表示されます。

確認にレ点を入れます。

インストール先にお名前.comで取得したドメインを選択します。その横の入力欄に任意の言葉を入れます。※ここのでの任意の言葉がフォルダーになってそのフォルダー内にWordpressが入ります。

データベース先に先ほど登録したデータベースを選択します。

データベースパスワードを入力します。※仮登録が終了したら本登録通知がメールに来ているのでそちらを参照して下さい。

インストールをクリックします。

 

wordpress

wordpress3

 

これでWordpressがインストールされて登録画面が表示されます。WordPressの登録画面のガイドに従えばすぐ出来ますのでそちらの説明は省略させて頂きます。

以上でお名前.comとさくらのサーバーとWordpressの設定の設定を終わります。

 

WordPressログイン画面の表示方法

自分のアドレス/WordPress自動インストール時に付けたファイル名wp-login.phpをアドレスバーに入力すればログイン画面にジャンプ出来ます。私の場合で記入例を紹介します。

例 Wordpress自動インストール時ファイル名に ppp と付けた場合

http://seoaccessup.top/ppp/wp-login.php

 

お名前.comとさくらのレンタルサーバーとWordpressの接続・設定方法

WordPressのログイン画面

 

以上でWordpressログイン画面の表示方法の説明を終わります。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。これからも分かり易い設定を心掛けて説明していきますのでどうぞ宜しくお願いします。

 

関連記事一覧

WordPress自動インストール後ドメイン直下に設置する
header.php language_attributes();関数の説明
失敗しないドメインの付け方・選び方とSEO対策との関係
記事公開前WordPressインストール後の絶対必要な初期設定?
WordPress 初心者の為のheader.php解説(説明)
WordPress関数を使ってブログ内に関連記事を設置する方法
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です