失敗しないドメインの付け方・選び方とSEO対策との関係

ドメイン

ドメインの付け方選び方とSEO対策のお話を致します。ドメインを取得される方は是非この記事を参考に取得される事をお勧めします。SEO対策においてドメインがどの様な効果をもたらしているのか?分かり易く記載していますので、初心者の方も是非見て下さい。

タイトルと順番が異なりますがここでは 目次の様に説明をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

ドメインは一つのキーワードになる

ドメインは一つのキーワードになります。検証しましたのでご確認下さい。SEO対策において検索項目は必ず1つは必要になってきます。付け過ぎるとペナルティを課せられますが、普通に付ける分だと気にする必要は無いです。少しここでドメインの呼び方の説明をさせて頂きます。

http:*****.com

*****の部分は任意の部分になります。任意=自分で決められるローマ字or日本語第二レベルドメインと呼びます。

.comの部分は決まっている部分になって、ドメイン取扱業者の中で選ぶ必要があります第一レベルドメインと呼びます。

以降説明は第一レベルドメイン・第二レベルドメインと記載します。

 

どのように検索結果が表示されるのか?

まずは基本中の基本の項目になります。

検索項目に対して第二レベルドメインのseoaccessが太字になっている事が分かります。太字になっていると言う事は検索の対象として認識された事を示します。英語記載だろうが連続記載だろうが一つ検索キーワードとして検索認識されている事が分かります。

SEOアクセスサーチコンソールの初期設定をもの申す=seoaccessup.top/seo/218

 

ドメインSEO対策

ドメイン付け方 SEO対策 ドメインと検索キーワードの読まれ方

 

第一レベルドメインは検索結果対象になるのか?

第一ドメインは検索の対象となるのかを調べます。トップと検索を付け加えて検索を掛けると、第一ドメインが太字になっている事が分かります。検索の対象となっている事が分かります。

初心者がもの申すトップ=seoaccessup.top

 

ドメインSEO対策

ドメイン付け方 SEO対策 第一ドメインと検索キーワードの読まれ方

 

ドメインのキーワードで検索エンジンに評価を受けているか?

ドメインが検索順位に評価を受けているのか?実験してみます。“初心者がもの申すトップ”で検索を掛けた所、2つのほぼ同じタイトル名で検索順位が下記様になっています。ここでのドメインの違いは”Search console(ウェブマスターツール)初心者がもの申す”タイトルのドメインの最後に268の数字がついている事です。

 

ドメインSEO対策

ドメイン付け方 SEO対策 ドメインの違いの説明

 

検索順位の違いを出す様に268のキーワードを追加して“初心者がもの申すトップ268”で検索を掛けた結果が下記の様になります。順位が変動し先ほど2位だった”Search console(ウェブマスターツール)初心者がもの申す”のタイトルが1位表示される様になりました。ドメインの付け方・キーワードにより検索エンジンに評価を受けている事が証明されました。

 

ドメインSEO対策

ドメインの付け方 SEO対策 ドメインの検索エンジン評価

 

上記の説明でドメインの付け方・キーワードにより自分のページがよりよい検索評価を得られる事が分かりました。これを踏まえて具体的なドメイン付け方を見て下さい。

 

付け方を失敗ない為の確認

ここは失敗しない様にドメインを付ける方法の説明をします。もし日本語でドメインの取得を考えられている方はここは飛ばして貰っても結構ですが正しい日本語で書く様にして下さい。ローマ字でドメインを付ける方は必ず実行して下さい。

付けようと考えているローマ字ドメインをGoogle・Yahoo検索で確認する

これは絶対しておいた方がいいです。結構付け方を間違っている人がいますので必ず確認しましょう。

例で山田太郎とタイトルを付ける場合を想定します。“山田太郎”で検索結果に引掛たドメイン・引掛らなかったドメインをピックアップしたので見てみましょう。赤字が検索結果で太字になっていたドメイン青字が引掛っていなかったドメインになります。ではどの様なドメインの付け方が検索エンジンの評価を受けているのか・いないのかを確認してみます。

yamada-tarou

yamadatarou

検索エンジンに評価を受けて太字になっています。

tarou-yamada

yamada_taro

検索エンジンに評価を受ける事無くデフォルト文字です。

 

ドメインSEO対策の確認

ドメイン付け方 SEO対策 良い付け方・悪い付け方

 

勿体ないですね折角付けたのに検索エンジンより評価を受ける事無くライバルよりハンデを受けています。ここで分かる様に自分が今から付けようとする第二レベルドメインが本当に間違っていないか確認する事が出来きます。一度付けたら訂正が利かないので必ず検索で一度確認する様にしましょう。一例を記載しておきます。あくまで参考に

ブログ=blog 会社=company 店=shop ペット=pet もの申す=monomousu 動物園=doubutuen ※zoo× 遊園地=yuuennti ※amusement park× ホテル=hotel 旅館=ryokan 旅行=ryokou ※travel×

 

付け方の長所・短所を知る

付け方は2とうり有ります。まず1つ目は自分のタイトルに有った付け方ともう1つは自分の記事に合わせた付け方です。それぞれ長所・短所が有りそれをキチンと理解して失敗しない付け方をしましょう。

では2つの付け方の長所・短所を見た行きましょう。

タイトルに有ったドメインの付け方

メリット

・タイトルが浸透したらドメインでブログサイトに訪れる人がいる。

・タイトルを訪れた人が覚え易くなる。

・ドメインだけでクリックして貰える。

デメリット

・検索エンジンの評価を受けにくい。

・タイトルを覚えてもらえる迄はドメインの付加価値が無い。

記事に合わせたドメインの付け方

メリット

・スグに検索エンジンへの評価を受ける。

・専門性が増し検索結果が上位に行きやすい。

デメリット

・専門以外の記事を書くと評価を得られない。

・ドメインが覚えにくい

・タイトルを売り込めない

まだまだ長所短所はありますが大体大きい所はこんな感じです。

以上の事を頭に入れてどちらかを選べばいいです。自分が何が書きたいかまず整理して幅広く記事を書くのであればタイトルに有ったドメインの付け方専門的に記事を書くなら記事に合ったドメイン付け方をしたドメインを取得されればいいです。ちょっと特殊ですが会社で運営を考えられている方は会社名を入れる方が圧倒的に多いいです。では次は専門的に書かれる場合を想定しての説明になります。タイトルに有った付け方を選ばれた方はもう答え出てますので、次の項目は飛ばして貰っても結構です。

 

専門記事を書く人の付け方

一番書く内容に多く使われるキーワードをドメインに入れましょう。ビッグネームですね。殆どは自然にドメインに入って来ますが、そうでない場合も有ります。 調べ方は色々有りますがその内の一つGoogle AdWordsが有名です。 リスニング広告のツールですが広告をお願いしなければ無料で使用出来ます。Googleのアカウントが必要になります。

調べ方は運用ツールメニューの中にキーワードプランナーという機能があります。地域と言語を日本語にしてキーワードを入力して検索をクリックします。すると調べたキーワードの検索ボリュームが表示されます。一番多い検索ボリュームに近いドメインを取得される事をお勧めします。より詳しく検索キーワードの調べ方を知りたい方はこちらを参照してください。

検索キーワード 入力する項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法

これで第二レベルドメインの取得方法決まりましたよね。では次は第一レベルドメインの付け方を紹介致します。

 

第一ドメインは意味がある

有名所でcomやjpやco.jpの部分です。それぞれ意味が有りそれを知っている事により少し得したりします。では確認していきましょう。

jp日本国有のドメインになります。日本で営利目的でブログ・サイトを立ち上げる方はこちらを使用しましょうかなり高いです。

com海外でもよく使われます。国際的に営利目的で使用されます。やや割高です。

netネットワーク関係でよく使われます。

bizビジネス関係でよく使われます。

org非営利団体でよく使われます。

という具合に意味を持ちます。企業でやられるならキチンと守った方がいいですが、個人でやられるなら語呂がいいとかでもよくそれに合った第一レベルドメインを選ばれる方もいます。営利目的でorgを使っても決して問題は無いですが出来れば止めた方がいいですよ。ドメインを見られてる方結構いますので!!後付けで申し訳ないですが、jpは特に人気が有ってこれだけでSEO対策になると言う意見もあるぐらいです。懐に余裕が有る方はjpをお勧めします。

 

まとめ

如何だったでしょうか?ドメインだけでもSEO対策を考えるとこれだけの項目が有ります。少しでもライバルより優位に立つように(検索順位が上がる)様にドメインを失敗しないつけ方をして下さい。語呂がいいからこのドメインにしたと言う声をよく聞きますが、それも決して間違ってはいないと思いますが記事は読まれてナンボですドメインで差が付かないよう十分吟味して付けられた方がいいと思います。今から始まられる方なら尚更です。ドメインは長期使用でそれだけで評価が上がると言う説もありますので!!※後日説明します。又ここでは紹介しきれてない部分もまだ有ります。それは日本語ドメインです。日本語ドメインはそれだけで優位に立てると言う説があります。私も同意見です何故ならここが日本でローマ字で検索を掛けてもyahooもGoogleも日本で認知があるローマ字なら日本のブログ・サイトが多数出てきます。日本語でフィルターが掛っている可能性大です。そこにも長所・短所ありますが、それは又別の機会で説明致します。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございまうす。今後も皆さん少しでも分かり易いSEO対策を書いて行きますので今後とも宜しくお願いします。

 

関連記事一覧

ドメイン取得!!ズバリ業者なんて選ぶ必要ないんです
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です