5分で出来るウェブマスターツール(サーチコンソール)初期設定

ウェブマスターツール(サーチコンソール)初期設定

SEO対策をするうえ(検索からの訪問者を得るうえ)でこのウェブマスターツール(サーチコンソール)は絶対に切り離せないSEO対策ツールになります。この機会にウェブマスターツールの設定がまだの方はやっちゃいましょう。

 

スポンサーリンク

ウェブマスターツール(サーチコンソール)サイトの登録

初期設定をするのにGoogleのアカウントが必要になります。まだの方は是非この機会に取得を強くお勧めします。

サーチコンソール画面を表示します。

ウェブマスターツール(サーチコンソール)ログインします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定1

ウェブマスターツール・サーチコンソール ログイン画面説明

 

Googleサーチコンソール画面が表示されます。

右上にあるプロバティの追加をクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定2

ウェブマスターツール・サーチコンソール プロパティの追加画面

 

プロパティを追加する画面が表示されます。

ここにウェブマスターツール(サーチコンソール)を使いたいアドレスを入力します。

私の場合はseoaccessup.topになります。

http://を除くドメインになります。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定3

ウェブマスターツール・サーチコンソール 所有権の確認説明1

 

所有権を確認します画面が表示されます。

おすすめの方法別の方法が選択できますので別の方法をクリックします。

HTMLタグ・ドメイン名プロバイダ・Googleアナリティクス・Googleタグマネージャが選択出来ますので自分が登録し易い方法で所有権を確認します。私が説明するのはHTMLタグで紹介しますのでその方法を使用される方は次に進めて下さい。HTMLタグラジオボタンをクリックします。※確認ボタンはまだ押さないで下さい。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定4

ウェブマスターツール・サーチコンソール 所有権の確認説明2

 

以下のmetaタグをコピーして、サイトのホームページにある<head>セクション内の、最初の<body>セクションの前に貼り付けます。と書かれています。

metaタグを選択しコピーを選択して何処でも貼り付ける様に準備します。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定5

ウェブマスターツール・サーチコンソール metaタグの貼り付け説明

 

WordPressダッシュボード外観テーマの編集→右のphp一覧のヘッダーheader.phpをクリックします。

するとphpファイル内の記載が表示されますので、指示とうり<head>~</head>間に先ほどのmetaタグを貼り付けます。

最後にファイルの更新ボタンをクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定6

ウェブマスターツール・サーチコンソール metaタグ貼り付け位置の説明

 

ウェブマスターツール(サーチコンソール)画面に戻ります。

一番したの確認ボタンをクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定7

ウェブマスターツール・サーチコンソール 確認ボタン位置の説明

 

所有権の確認が正常に終わると最初の画面に先ほど登録したウェブサイトが表示されます。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定8

ウェブマスターツール・サーチコンソール 登録終了画面の説明

 

これでサイトの登録は終わりですが、初期設定はまだ続きます。

 

検索パフォーマンスを改善する

先ほど登録したサイトの項目に検索パフォーマンスが改善できます。詳細表示と書かれている詳細表示をクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定10

ウェブマスターツール・サーチコンソール パフォーマンス改善の説明

 

最近 Search Console でサイトの確認を行ったか、Blogger や Google サイトで 自動的にサイトを作成したことを Google のシステムが検出しました。 この無料サービスを最大限に活用し、Google 検索でのサイトの掲載順位を可能な限り引き上げるためのおすすめの方法をご紹介します。 と書かれています。Google様がそうおっしゃるので是非設定しましょう。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定11

ウェブマスターツール・サーチコンソール パフォーマンス改善の項目説明

 

ウェブサイトの全バージョンを追加する

サイトの「www」を含むバージョンと「www」を含まないバージョンの両方を追加します。HTTPS プロトコルを使用している場合はそのバージョンも追加してください。と書かれています。ハッキリ言ってチンプンカンプンです。私もこれで2時間ぐらい悩みました。ここではサイトの登録で行ったサイトの追加でwww.を付けたサイトをもう一つ作成しなさいと言う事です。サイト登録の設定に戻ってwww.のサイトを作成します。

プロパティの追加をクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定12

ウェブマスターツール・サーチコンソール wwwサイトの作成の説明

 

ここでwww.上記でサイト登録を行ったアドレスを入力して続行をクリックします。※必ずwww.を付けましょう。

私の場合www.seoaccessup.topと入力します。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定3

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定 wwwサイトのプロパティ追加説明

 

別の方法を選択してHTMLタグラジオボタンをクリックします。metaタグはもうサイトの中に入っているので確認ボタンをクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定14

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定 wwwサイトのmetaタグ 確認ボタン説明

 

www.付きサイトとサイトが作成されました。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定15

ウェブマスターツール・サーチコンソール wwwサイト設置の完了

 

以上でウェブサイトの全バージョンを追加するの説明を終わります。少しここでwww有りとwww無しを作成した理由を説明します。昔のアドレスは全てwww有りでした。その習慣が今現在も残っていてwwwをつけて検索を掛ける人が今でも多いいです。その人がwwwをつけても自分のブログ・サイトに訪れる事が出来る様にwwwも登録する必要があるのです。

優先するバージョンを選択する

Google 検索結果でサイトを「www」付きで表示するかどうかを選択します。

優先するバージョンの設定をクリックします。先ほど登録したwww有りと無しが選択出来ますので自分の好みで、好きな方を選んでください。ここは要注意です。私は怖くてすぐバージョンの設定をしたのですが最初の状態はどちらも選択されていない状態だと思われます。もしどちらも選択されていない場合だと検索エンジンが両方のバージョンのページをインデックスする可能性があり得ると思います。検証して無いので恐らくです。重複ペナルティを課せられる可能性があるのでスグに優先するバージョンの選択をしましょう。

登録時その下にあるクロール速度は推奨でいいです。

ターゲットとする国を選択する

サイトが特定の国のユーザーをターゲットとしている場合は地域を設定します。

hreflangがありませんと表示されますが、サイトを2国毎に言語を変えている場合のみに必要で日本だけやられる場合はこの項目は無視して構わないです。その方はをクリックして日本を選択して下さい。下記項目は飛ばして下さい。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定 日本語設定16

ウェブマスターツール・サーチコンソール 言語設定

 

下記方は以下の様になります。

www有り自分のドメインが英語バージョンwww無し自分のドメインが日本語バージョンの場合で説明いたします。勿論ですが2つのサイトを作成する必要が有ります。

www有り自分のドメインが英語バージョン header.php<head>~</head>間に下記コードを入力します。

<link rel=”alternate” hreflang=”jp” href=”日本語バージョンサイト名”>※赤字のjpが日本指定になります。

www無し自分のドメインが日本語バージョン header.php<head>~</head>間に下記コードを入力します。

<link rel=”alternate” hreflang=”en-us” href=”英語バージョンサイト名”>※赤字が英語のアメリカ指定になります。

その他の言語指定はこちらより確認下さい。→  hreflang言語指定

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール初期設定 日本語設定17

ウェブマスターツール・サーチコンソール 日本語設定

 

以上で言語と国の設定の説明を終わります。

同僚にアクセス権を付与する

自分以外のユーザーがレポートにアクセスできるよう、さまざまなアクセスレベルを追加できます。

難しく無いので状況に合わせて設定下さい。

サイトマップ ファイルを送信する

サイトマップを送信すると、Google がサイトを効率的にクロールできるようになります。

サイトマップの設定をします。サイトマップ更新をクリックするとサイトマップ画面にジャンプします。

画面右上のサイトマップの追加/テストをクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソールサイトマップ19

ウェブマスターツール・サーチコンソール サイトマップ追加の説明1

 

サイトマップの追加/テスト画面が表示されます。

自分のアドレスの横に入力欄が表示されます。その部分にサイトマップ名を入力します。大概の場合はsitemap.xmlです。入力後サイトマップを送信をクリックします。

 

ウェブマスターツール・サーチコンソール サイトマップ20

ウェブマスターツール・サーチコンソール サイトマップ追加の説明2

 

以上で5分で出来るウェブマスターツール(サーチコンソール)初期設定の説明を終わります。

 

ウェブマスタツールの各項目が反映される時間

各項目を覗いてもデータが取得出来ていないのでグラフやその他項目が表示されません。人によって異なると思いますが全ての項目が反映されるのに1週間ぐらいは掛かります。ウェブマスターツールの欠点は反映が遅い事なんです。これが早ければ完璧なんですけどね。Googleクローラーに影響されるのかも?知れません。

 

SEO対策するのにホントに必要なので面倒臭がらずに絶対やって下さいね。ここまで読んで頂いてありがとうございます。これからも分かり易いSEO対策ツールの使い方・初期設定方法を伝えて行きますのでこれからも宜しくお願いします。

 

関連記事一覧

SEO対策検索順位チェックツール GRC凄くお勧めする理由 
最低限必要な2つのSEO対策ツールの使い方 初心者の方必見です
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です