検索キーワード 入力する項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法

検索キーワードを入力する項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法

検索キーワードを確実に押さえて訪問者を増やす方法・手段の説明を致します。勿論SEO対策も必要になって来ます。検索キーワードをしっかり押さえる事により訪問者だけでは無くて、お金も稼げる可能性があります。※確実収入も増えます。ここでは私が実際にこのページタイトルにした経緯も一緒に紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

検索キーワードを押さえるツール

私が紹介する検索キーワードを押さえる方法はツールを使った方法になります。もう既にご存知の方も多いいと思いますが、これは非常に大切な事になりますので、もう一度おさらいしておきましょう。お勧めは2つです。この2つを上手に使用して検索キーワード押さえます。

1つ目のお勧め検索キーワードツールです。

Google Ad Words無料登録で月無制限使用です。

2つ目のお勧め検索キーワードツールです。

キーワードウォッチャー無料登録で月20回の使用制限です。

この2つを使用して検索キーワードを押さえます。

 

2つのキーワード検索ツール違いと使い方

Google Ad Wordsの検索ボリューム

言葉では分かり難いので実際に見てみましょう。

Google Ad Wordsの検索ボリューム表示になります。1つのグラフが月に検索された数になります。このメインキーワードはほぼコンスタントに検索掛けられている事が分かります。

 

googleキーワードプランナー説明

googleキーワードプランナー説明 検索キーワードの調べ方1

 

グラフにカーソルを合わせると月単位の検索数が表示されます。実際に1ヵ月間に何回検索が掛けられてのかが分かります。

 

googleキーワードプランナー説明

googleキーワードプランナー説明 検索キーワードの調べ方2

 

検索ボリュームから下にカーソルをもっていくと検索キーワードと検索ボリュームが表示されます。調べたいメインキーワードと付属する検索キーワードの実際の検索数の表示になります。

 

googleキーワードプランナー説明

googleキーワードプランナー説明 検索キーワードの調べ方3

 

Google Ad Words個々の検索キーワードを見るには正直分かり難いです。※実際にはGoogle Ad Wordsの中のツールGoogleキーワードプランナーを使用して検索ボリュームを見ています。

キーワードウォッチャーの検索ボリューム

次にキーワードウォッチャーの検索ボリュームと検索キーワードを見てみましょう。無料登録の場合は前の月のボリューム表示になります。実際に検索を掛けられたメインキーワードとそれに付属するキーワードの検索数が表示されます。

 

キーワードウォッチャーの使い方

キーワードウォッチャーの使い方 検索キーワードの調べ方1

 

ここのキーワードは非常に分かり易いですね。しかし月のボリュームが1月しか表示されません。

Google  Ad Wordsは月ボリュームは見易いが、実際の検索キーワードが見難いです。

キーワードウォッチャーは月ボリュームは見難いが(プランにもよる)、実際の検索キーワードが見易いです。

以上の事によりこの2つのいい所だけ使用して検索キーワードを抽出いたします。

実際の使い方

まずは実際Googleキーワードプランナーでメインキーワードの月ボリュームを確認します。Google キーワードプランナーの月ボリュームのグラフは大体ですが2とうり有ります。

1つ目の月ボリュームになります。特定の月だけ集中して検索ボリュームが伸びている事が分かります。このメインキーワードを使用してもその月しか訪問者数は稼げない事が分かります。※この様なグラフになる検索キーワードは以下の様なものが有ります。クリスマス・お正月・バレンタイン・ホワイトデイ・夏休み・母の日・父の日等です。

 

googleキーワードプランナー説明

googleキーワードプランナー説明 検索キーワードの調べ方4

 

2つ目の検索ボリュームになります。1年とうして平均的な月ボリュームになっています。このメインキーワードなら1年とうして安定して訪問者数を稼ぐ事が出来ます。

 

googleキーワードプランナー説明

googleキーワードプランナー説明 検索キーワードの調べ方5

 

上記の様にグラフの上がり下がりを見る事によりこのメインキーワードはどの様にして訪問者が訪れるのか?が分かります。クリスマスの記事を1月に書いても訪問者が訪れるのは12月になりますよって事が分かりますね。又当然ですが月の検索人数もキチンと確認して下さいね。1年とうしてバランスが取れてても、検索数が月100とかなら全然話にならないですので!!要確認です。

Google キーワードプランナーでメインキーワードが決まったら、次はキーワードウォッチャーで付属の検索キーワードを調べます。上位3つが検索数は大幅に稼いでいる事が分かります。ではこの検索を全てカバー出来るページタイトルを考えましょう。

 

キーワードウォッチャーの使い方

キーワードウォッチャーの使い方 検索キーワードの調べ方2

 

実際の使い方です。私が付けたのはこの様なページタイトルになります。

検索キーワード_入力する項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法

全てをカバーする為検索キーワードを入力そして人にクリックしてもらう為に項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法とタイトルを付けました。もしこの3つのキーワードで1位を取る事が出来たなら私のブログに検索ボリューム1万の人口の約20%の訪問者数を稼ぐ事に繋がります。約2,000人ですね。タイトルによるSEO対策は上記方法で完璧(自己満足です)なので、後はこの記事にSEO対策を施してより上位に表示されるだけです。

その他の使い方

書く記事が思いつかない場合、取りあえずGoogle  Ad Wordsで適当にメインキーワードを入力し月ボリュームを確認しましょう。そしていい検索キーワードを探して見つかればその記事を書くのも1つの使い方です。

 

検索ボリュームと検索ヒット数の確認で訪問者を増やす

前振りが終わりましたのでここからが本番です。

検索キーワードのボリュームと強豪ライバルを知る

まず自分の得意分野の検索ボリュームのキーワードを全て何処でもいいのでメモリます。手帳でもパソコンでもOKです。例えば正月で調べてみましょう。

 

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす

 

先程はボリュームだけでしたが今度は推奨入札単価も見ましょう。推奨入出単とは企業や個人で広告をGoogleにお願いする際に掛る費用だと思って下さい。この単価が高ければ・高いほど強豪なライバルがいると思って頂ければいいです。以外に上位表示出来たりもしますけどね。訪問者と推奨入出単だけで見ると正月飾りが一番ユーザー数を確保出来そうです。それでは今度は正月飾りとGoogle・Yahooどちらでもいいので検索を掛けましょう。

 

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす2

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす2

 

見るべき所はまずは検索ヒット数ですね。約804,000件のヒットになります。そこそこですね。

次に最近正月飾りで投稿された記事が上位表示されているか?確認します。

 

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす3

検索キーワード 検索ボリュームと検索ヒット数で訪問者を増やす3

 

もし最近の投稿ページが上位表示されていなければそのタイトルは古参のみ上位表示の検索キーワードになる場合が有ります。その検索キーワードで勝負するのは未知数です。やる事は同じですけどね。1位~10位までのライバルの情報を確認します。

最近の投稿されたページが表示されている場合はそのページだけの情報を確認します。

検索キーワードのライバルを知る

あえて何のツールを使うとかは言いませんが調べるポイントは総単語数とキーワード使用数と破リンクの有無です。破リンクは投稿された日付が新しければ新しい程、破リンクでの差は無くなり易いです。一概には言えないですが総単語数と文字数はこの様になっています。

総単語数:1000→文字数:約3000文字

もしデータが見れない場合はそのページは化け物ページです。1万3000文字ぐらいは越えて要ると思います。踏み込んだ専門知識が必要になってきます。ここで総単語数が約1000以下なら余り知識が無くても上位表示は出来ると思いますよ。後キーワード使用率が高くなければオールOKだと思います。SEOされてません!!上位表示しちゃいましょう。古参の検索キーワードでは思う様にならない場合が有ります。その差は恐らくリンクの数の違いだったり、今まで得られたクリックでのページの重要度が上がったものだと思われます。

 

以上が今私がやっている検索キーワードを入力する項目を押さえて訪問者を大幅に増やす方法です。ドンドン訪問者を増やしましょう!!以下の項目はこんなのも有ります紹介と各種会員登録と使い方の説明になります。是非読んでやって下さい。

 

2つのキーワード検索ツールの価格

Google Ad Wordsは登録の際色々と入力する必要が有りますが、広告を頼まなければ無料で使用できます。

キーワードウォッチャー登録無料と有料プランが有ります。月額料金は以下の様になります。特に注意する点は無料プランは月20回までしか使えない事です。その他は特に気にする必要はありません。

 

キーワードウォッチャーの使い方

キーワードウォッチャーの使い方 価格設定6

 

検索キーワード入力補助機能

実際の表示

私自身はこの機能を使用してページタイトルを決めて無いのですが、中にはこの機能を使用してページタイトルを決めてられる方もおられるので一応説明しておきます。GoogleやYahooの検索入力場所にキーワードを入力するとそれに続く言葉が表示されます。

 

検索キーワード補助機能使い方

検索キーワード補助機能使い方 検索キーワードの調べ方1

 

この出てきた言葉でページタイトルを決める方法ですね。何度も言いますが私は使っていないです。

検索キーワード入力補助機能の情報

Yahooさんの回答はこの様になっています。どう捉えていいのか?分からないのでこのコメントについては控えさせて頂きます。

 

検索キーワード補助機能使い方

検索キーワード補助機能使い方 検索キーワードの調べ方2

 

検索キーワード入力補助機能の設定

検索バーの下にがあるのでそれをクリックします。※凄く分かり難いです。

 

検索キーワード補助機能使い方

検索キーワード補助機能使い方 検索キーワードの調べ方3

 

するとキーワード入力補助画面が出てくるのでONをクリックします。

 

検索キーワード補助機能使い方

検索キーワード補助機能使い方 検索キーワードの調べ方4

 

以上で検索キーワード入力補助機能の設定の説明を終わります。

少し話が反れますが検索キーワード入力補助機能この機能を使われると、その人が本当に調べたい事の言葉が変わって検索されます。とんでも無い機能です。ユーザーの利便性なのでしょうが、もしこれが人員的に操作されたらタイトルの大幅な修正を幾度となく実施しなければいけなくなります。勿論記事内容も。Yahooさんはお金払ったら何でもしそうなので今後の動向が気になります。

 

Google Ad  Wordsの会員登録方法

Googleキーワード画面を表示させて会員登録をします。Google AdWords

画面上にログインの横アカウント作成がありますのでクリックします。

メールアドレスを入力欄に自分のメールアドレスを入力します。

日本に設定します。

通貨日本に設定します。

保存して次へをクリックします。

 

google AdWords会員登録1

google AdWords会員登録1

 

新しいGoogleアカウントを作成画面が表示されます。

名前欄名前を記入します。

現在のメールアドレスは前回入力したメールアドレスが入力されているので、そのままでいいのであればそのままで変更したいのであれば任意のメールアドレスを入力して下さい。

パスワードを作成任意のパスワードを入力します。

パスワードの再入力に先ほど入力したパスワードを入力します。

生年月日欄生年月日を入力します。

携帯電話は入力する必要は有りません。

デフォルトのホームページがGoogleでいいのであればレ点を入れます。他のホームページがいいのであればレ点を外します。

ロボットによる登録で無い事を証明レ点を入れます。※ここにレ点を入れると下記のテキスト入力枠が消えます。

Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意しますレ点を入れます。

次のステップをクリックします。

 

google AdWords会員登録

google AdWords会員登録2

 

ここでもし前回失敗したりするとこの後の画面に携帯のメールによる承認コード登録画面が表示されます。携帯メールもしくは携帯電話でGoogleから自動音声での承認コード入力が選べますので自分に合った方法で承認コードを取得して下さい。

おつかれさまでした画面が表示されます。新しいGoogleアカウントを作成画面で登録したメールアドレスにGoogleからメールが来るのでそれを待ちます。Google Ad Word使用までもう少しです。

 

google AdWords会員登録

google AdWords会員登録3

 

メールアドレスにGoogleからメールがくるのでそれを確認します。

URLが添付されているのでそれをクリックします。

 

google AdWords会員登録

google AdWords会員登録4

 

移動していいのか?尋ねられます。URLが添付されているのでそれをクリックします。

 

google AdWords会員登録

google AdWords会員登録5

 

最後に確認済みメール画面が表示されるので続行をクリックします。

 

google AdWords会員登録

google AdWords会員登録6

 

お疲れ様でした。Google Ad Word会員登録は以上になります。

 

Google Ad Words キーワードプランナーの使い方

Google AdWordにログインします。

画面上の部分にある運用ツールをクリックします。

 

google AdWords使い方

google AdWords使い方1

 

キーワードプランナーをクリックします。

 

google AdWords使い方

google AdWords使い方2

 

何からはじめますか?と聞かれるのでフレーズ,ウェブサイト,カテゴリを使用して新しいキーワードを検出をクリックします。

 

google AdWords使い方

google AdWords使い方3

 

新しいキーワードを見つける画面が表示されます。

宣伝する商品やサービスに検索ボリュームが知りたいキーワードを入力します。

すべての地域日本に設定します。※都道府県・市町村も選べます。勿論海外もです。

候補を取得をクリックします。

 

google AdWords使い方4

google AdWords使い方

 

すると検索ボリュームが表示され私が説明した内容が表示されます。キーワードプランナーをフルに活用してドンドン訪問者数を増やしましょう。Google Ad Words キーワードプランナーの使い方の説明は以上になります。

 

キーワードウォッチャーの会員登録方法

キーワードウォッチャーの公式HPを開きます。

カーソルの一番下まで送ると無料プラン有料プランが表示されるので自分の懐と相談して任意の項目をクリックします。※私は懐ペッタンコなので無料です。尚以降は無料プランでの登録方法の記載になります。

 

キーワードウォッチャー会員登録1

キーワードウォッチャー会員登録1

 

無料会員仮登録画面が表示されます。

ご登録するメールアドレス欄に任意のメールアドレスを入力します。×2します。

画像の数字を半角で入力して下さい欄に画像の数字を半角で入力します。

無料会員の仮登録するをクリックして下さい。

 

キーワードウォッチャー会員登録

キーワードウォッチャー会員登録2

 

無料会員仮登録(完了)画面が表示されます。上記で入力したメールアドレスに確認用URLが来るのを待ちます。

 

キーワードウォッチャー会員登録

キーワードウォッチャー会員登録3

 

 

キーワードウォッチャーからメールが来たら添付されているURLをクリックします。

 

キーワードウォッチャー会員登録

キーワードウォッチャー会員登録4

 

無料会員本登録画面が表示されます。各項目を埋めます。

パスワードを入力しますに任意のパスワードを入力します。×2同じです。

法人での利用か個人での利用かを選択するに該当する方にレ点を付けます。

キーワードウォッチャーを何で知りましたか?とか色々と質問されるので正直に書きます。

ニュースリリース(メールマガジンですね)希望の方にして下さい。

最後利用規約に同意しますレ点を入れます。

登録内容を確認するをクリックします。

 

キーワードウォッチャー会員登録

キーワードウォッチャー会員登録5

 

最終確認画面が表示されます。間違い無ければ無料会員の登録をするをクリックします。

 

キーワードウォッチャー会員登録

キーワードウォッチャー会員登録6

 

以上でキーワードウォッチャーの会員登録の説明を終わります。

 

キーワードウォッチャーの使い方

キーワードウォッチャーの公式HPを開きます。

TOPページ右上にログインが有るのでそちらからログインします。

 

キーワードウォッチャーの使い方の説明

キーワードウォッチャーの使い方の説明1

 

キーワード検索数を見る画面が表示されます。

2.キーワードを入力して下さいに調べたいキーワードを入力します。

4.画面の数字を半角で入力して下さい欄に数字を半角で入力します。

表示をクリックします。

 

キーワードウォッチャーの使い方の説明

キーワードウォッチャーの使い方の説明2

 

画面下に2.キーワードを入力して下さい欄に記載したキーワードの検索条件・検索数が表示されます。

 

キーワードウォッチャーの使い方の説明

キーワードウォッチャーの使い方の説明3

 

以上がキーワードウォッチャーの使い方になります。ここでは紹介しませんでしたが画面右に残りの使用回数が表示されています。無料会員は月20回の使用になっていますのでご利用は計画的にです。私は残っても仕方ないのでドンドン使ってます。

 

まとめ

如だったでしょうか?SEO対策も必要ですが検索キーワードも非常に大切だと言う事が分かって頂けたと思います。最後の方は登録と使い方で固めたので凄く疲れたのでは?無いでしょうか?しかしこの方法は凄くお勧めです。是非この方法を自分にスタイルの一部にくみ加えて皆で訪問者を大幅に増やしていきましょう。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。これからも訪問者を増やす記事をより分かり易く書いて行くのでどうぞ宜しくお願いします。

 

関連記事一覧

5分で出来るウェブマスターツール(サーチコンソール)初期設定
SEO対策検索順位チェックツール GRC凄くお勧めする理由 
最低限必要な2つのSEO対策ツールの使い方 初心者の方必見です
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です