WordPress自動インストール後ドメイン直下に設置する

Wordpressドメイン直下設置

さくらのレンタルサーバーのWordpress自動インストール機能を使うと折角取った自分のドメインの直下に無駄なファイルが有ります。※故意で作られたファイルならこのページは無視して下さい。これを格好良くドメイン直下設定する方法を説明します。直下にするのにFTPソフトを使いますので、FTPソフトのインストールから簡単な操作方法も一緒に説明します。

 

 

スポンサーリンク

FPTソフトのインストール

FPTソフトが有るとスムーズに作業を行う事が出来るので、既にお持ちの方はこの項目を飛ばして下さい。まだFPTソフトをお持ちでは無い方はこちらの項目から見て下さい。

今回インストールするFPTソフトはFileZillaです。※クリックすると飛べます。

FileZilla公式画面が表示されます。Download FileZilla Clientをクリックします。

 

FileZilla

FileZilla1

 

Client Download画面が表示されるのでDownload Nowをクリックするとインストールが開始されます。

 

FileZilla

FileZilla2

 

圧縮ファイルでダウンロードになります。解凍処理を行えば完了です。

 

FileZillaの初期設定

インストール後起動したら下記の画面が表示されます。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定1

 

画面が表示されればファイル(F)の下にタワーの絵が有りますのでそちらをクリックします。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定2

 

サイトマネージャ画面が表示されます。

新しいサイト(N)をクリックして新規サイトを作ります。

名前の変更(R)をクリックして新規サイトの任意の名前を決めます。

ホスト(H)にさくらのFTPサーバー名を入力します。

ログオン種類匿名通常に変更します。

ユーザ(U)FTPアカウント名を入力します。

パスワード(W)パスワードを入力します。

全ての入力・選択が終了したら接続をクリックします。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定3

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定3

 

するとTOP画面に戻って状態にディレクトリー一覧表示成功と表示されれば成功です。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定4

 

サイト内初期Wordpress関連ファイル位置

先ほどの状態からTOP画面下ファイル名の部分の説明を致します。

さくらのサーバー内の階層が表示されています。右のカーソルを下に操作してWWWファイルを選択します。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定5

 

下の説明した絵ではファイル名が記載されていませんが、ここはさくらのサーバーでデータベース作成時に入力したファイル名<が記載されています。そのファイルをクリックします。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定6

 

こちらもファイル名が記載されていませんが、ここではさくらのサーバーWordPress自動インストール時に付けたファイル名ファイルをクリックします。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定7

 

すると下記画面で wp-admin wp-content wp-includes 等のファイルが表示されます。これがWordpressのファイルになります。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定8

 

FileZillaの基本操作

サイトの呼び出し方

一度登録してしまえば呼び出すのは凄く簡単です。初期設定でファイル(F)下のタワーの絵の横▼ボタンをクリックします。すると初期設定時に任意の名前を決めたサイト名が表示されるのでそのサイト名をクリックします。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定10

 

ファイルの移動

任意の階層でクリックしたままファイル名までファイルを移動させる事によりファイルの移動が可能になります。またサーバー内にあるファイルを自分のパソコンに移動させる時もファイルをクリックしたまま自分のパソコンのディスクトップに移動させることによりファイルのやり取りが可能になります。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定

WordPressドメイン直下設置方法Filezilla設定11

 

階層の移動

階層に潜る際は任意のファイルをクリックすればその階層に移動できます。

一つ前の階層に戻る場合はファイルの絵..をクリックする事により一つ前の階層に戻る事が出来ます。

 

Wordpressドメイン直下設置方法Filezilla設定12

 

以上でFileZillaの説明を終わります。Wordpressを使用する際に凄く便利にツールです。インストールがまだの方は是非使用してください。

 

WordPressをドメイン直下に設定する

では本題に入ります。WordPressファイルを移動・編集する際は必ずバックアップを取りましょう。

WordPressインストール時に設定したフォルダーがドメインにくっ付いている事が分かります。

あなたのドメイン/WordPressインストール時に決めた任意の言葉

私の場合seoaccessup.top/ppp

折角取ったドメインが台無しです。これを修正します。

WordPressのダッシュボード設定一般をクリックします。

WordPressアドレスサイトアドレスの余計な部分を削除します。その後一番下に変更を保存があるのでそれをクリックします。

 

wordpress

wordpress5

 

すると画面全体にエラーが表示されますが無視してWordpress画面を閉じます。

その後使用のFTPソフトを使ってWordpressのデーターのフォルダーの階層を一段上げます。

FileZillaの場合はWordPressファイルデータを全て選択してファイル絵..内にドロップします。

 

Wordpress

WordPress6

 

再度ログイン画面を表示してWordppressログイン画面が表示されれば成功です。

ログインするにはあなたのアドレス/wp-login.phpをアドレスバーに入力するとログイン画面に行けます。勿論削除した部分は省いたアドレスになります。

 

Wordpress

WordPress7

 

以上でWordpress自動インストール後ドメイン直下に設置する方法の説明を終わります。ドメイン直下で格好よくなりました。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。これからも分かり易い記事を心掛けて紹介していくのでどうぞ宜しくお願いします。

 

関連記事一覧

お名前.comとさくらのサーバーとWordPressの設定・接続
header.php language_attributes();関数の説明
失敗しないドメインの付け方・選び方とSEO対策との関係
記事公開前WordPressインストール後の絶対必要な初期設定?
WordPress 初心者の為のheader.php解説(説明)
WordPress関数を使ってブログ内に関連記事を設置する方法
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です