SEO Googleランク付けをスムーズにする為に行う対策

SEO Googleランク付けをスムーズにする為に行う対策

SEOについて説明させて頂きます。GoogleがSEOをする上でのランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助(品質に関するガイドライン)を公開していますので初心者の方にも分かりやすく解説しながら、私独自の意見も取り入れてSEOとはどういうことなのか?を学んで行きましょう。SEOをきちんと理解して検索順位をドンドン上げてドンドンお金を稼ぎましょう。しかしここまでSEOを行うのは非常に大変になります。私自信の考えではここまで行う必要があるのか?と少し疑問に思う事も有ります。絶際に検索順位が上がる項目ばかり紹介していますが、微々たるものも有ります。簡素的にまとめたSEOの方法を紹介したページも有りますので、出来るSEOから行って下さい。

SEO 誰でも出来る検索エンジン最適化出来る事をやればいい

 

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジン最適化)の略で検索エンジンに好まれる工夫をしてライバルより検索結果を上に表示させる事をいいます。サーチエンジンお金稼ぎではありません。

 

SEO対策を行う理由は

SEO対策を行う理由はいたって簡単です。上位表示される事によりより多くのユーザーに自分が作った記事を見てもらえる様になります。ではどれくらいの人が見てくれるのでしょう大体の結果ですがこうなります。

合計1万人が一つのキーワードに検索を掛けた場合の訪問数

検索順位1位2,000人 検索順位2位1,000人 検索順位3位6,00人

1位になると凄いですね。でもただ見てもらうだけで皆さん本当にお金掛けてSEOするでしょうか?しないですよね、それならただの道楽ですしね。SEO業者なんて存在しないですよね。もうお分かりですよね!!そうSEOはお金になります。上位に行けばいくほどお金が稼ぎ易いのです。だから皆さん検索上位を目指して日々SEOされているんです。では大体どれくらい設けられるのでしょう大体の結果はこうなります。

一概には言えないですが100人に対して広告へのクリックは1回となります。※今現在の私のクリック数です。記事の書き方によって個人差がかなりあります。

その広告の値段が1クリック1円とした場合でも、検索順位1位20円の儲けとなります。そのページが100ページ有れば2000円の儲けになります。そして1クリック1つの広告を主体に書いていますがその他の販売による利益を合わせれば結構な儲けになります。※少数ですがこの報酬だけで生活が成り立つ人もいます。日々汗水流して働いている人にとっては羨ましいばかりです。SEO=お金儲けと言う事ですね。お金は幾らあっても困らないのでドンドン稼ぎましょう。間違えましたSEOしましょう。

 

SEOに必要なツール

SEOを進める上で必要なSEOツールは私は最低でも2つは必要だと思っています。その2つとは下記記載している2つのSEOツールです。私自身この2つのツールはもはや基本だと思っています。

  • SEOチェキ
  • ウェブマスターツール

この2つのSEOツールをまだ使用していない方・まだこの2つのSEOツールの使い方が良く分からない方は下記リンクに私が今現在使用している機能紹介をしていますので是非活用して下さい。

最低限必要な2つのSEO対策ツールの使い方 初心者の方必見です

ウェブマスターツールの方は初期設定が必要になってきますので、初期設定方法の詳細もリンクで貼っておきますので活用下さい。

5分で出来るウェブマスターツール(サーチコンソール)初期設定

SEOツールで紹介されているツールは一杯有りますが最初の内はこの2つで十分ですよ。自分の投稿記事の増加やその他踏み込んだSEOをされる方は、その用途に合ったSEOツールを使用されてもいいと思います。

 

ページに対するSEO

どうすればページのランク付けをスムーズに行えるのでしょうか?Googleさんの回答はこうです。品質に関するガイドライン参照

 

seo対策品質に関するガイドライン

seo 品質に関するガイドライン1

 

■検索エンジンではなくユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

当たり前の事ですが実際これはどの様な事を指すのでしょうか!!実際に確認していきましょう。

  • 1.長い記事・多種に渡る記事には目次を付ける。
  • 2.見出しを分かり易くする為、見出しを装飾する。又記事の区切りに見出しを使う。
  • 3.改行をを使ってより記事を読みやすくする。
  • 4.記事の最初に今ページの簡単なページ紹介をする。
  • 5.タイトルはページに添ったタイトルにする。
  • 6.記事に分かり易く太字等を付ける。
  • 7.誤字脱字が無い様にする。
  • 8.記事の表示速度をあげる。
  • 9.文字で説明しきれない部分は画像を使う。

細かい事を上げればまだまだ出てきそうですが大体こんな所だと思います。皆さんも独自の利便性を考えて下さい。確かに直接SEOに関連する項目は殆ど存在しませんが、でもユーザーの本当の利便性を最優先にするとは、そういう事だと私は思います。

■ユーザーを騙す様なことはしない

あってはならない事ですが、知らない内にそうなっている場合もありますので要注意です。

  • 1.見えない部分にリンクが貼ってある。
  • 2.リンク名とリンク先の名前が違う。
  • 3.隠し文字や隠しページがある。
  • 4.タイトルと記事が矛盾している。
  • 5.訪問したユーザーのパソコンに勝手にファイルをインストールする。
  • 6.訪問したユーザーを意図しないページに勝手にジャンプさせる。

大きな所はこんな所でしょうね。この様な事を繰り返すとGoogleからペナルティを課せられる場合がありますので決してやらない様にしましょう。

■検索エンジンが無くても同じ事をするかどうか?

長いので短くしました。検索エンジンが無くても同じ事をするかどうかです・・・・それは無理かな?SEOで利益を上げている企業が有る限り、この項目が現在機能していない事を示しています。気持ちは分かりますが・・・・それは無理かも?知れません。

■価値・魅力があるサイト・同分野のサイトとの差別化を図る

こちらも長いので短くしました。他の人のブログ・サイト参考にするのはいいけど一緒では盗作になります。知らず知らずそうなっている場合がります。私自身もそうなっているかも?です。注意して下さい。

  • 1.全く一緒の記事を書かない。
  • 2.価値(第一人者になる)をみいだして記事を書く。
  • 3.魅力あるサイト(面白い)を作成する。

これが出来ればそのブログ・サイトの訪問者数は劇的に上がるでしょうね。ユーザーの支持数を検索エンジンが評価しないなんてあり得ませんので、ユーザーの訪問数=検索エンジン高評価になる事を示しています。簡単に書きましたが凄く難しい事です。あなたの腕次第です。

ドンドン項目を挙げてきましたが実際どうすればいいのか?といいますと100%私の考えでもの申します。一番最初の項目でユーザーの利便性となりえる項目を自分で考えて下さいと言ったのは、それが差別化になるからです。検索エンジンは所詮ロボットでユーザーの利便性は与えられた情報の内でしか処理できないのです。利便性を検索エンジンが評価しているとは到底考えられないと言うのが私の結論です。では差別化はどうなのか?といいますとそれは簡単に図れる項目だと思います。同じテーマ同士の記事を照らし合わせて、それぞれの一致しない部分を抽出すればいいだけですので!!自分が記事を書く際にユーザーの利便性と考えられる項目を守り記事を書くことによって差別化は図れると思います。

 

私が今現在行っている具体的なタイトルの付け方・書き方

タイトルは非常に大切な項目になります。私が今現在把握しているので4つの大きなSEO効果が得られます。

  • Google検索順位の向上
  • Googleページの質の向上
  • 訪問ユーザーの増加
  • 内部リンクへの評価

非常に大切な項目ばかりです。なにより大切にしなければならないのがタイトルの付け方・書き方だと思います。思う様に訪問ユーザー数が伸びない・検索順位が安定しない・検索順位が上がらない人は是非タイトルを一度見直してみては如何でようか?

■SEO対策タイトルの付け方・書き方

・メインキーワードは記事内に1つ入れてなるべく先頭に配置する。

自然に入ってくるとは思いますがメインキーワードは必ず入れましょう。これが無いと、もうその記事は検索エンジンで評価を受ける事無く検索結果からの訪問者は無いと思ってくだい。先頭に入れる事により重要度が増します。出来るだけ先頭に配置する様にしましょう。

・使うキーワードは1タイトルに1つだけにする。

キーワードを2つタイトルに入れる事により今の検索エンジンの評価は下がると思います。少し前までは上位にタイトルに2つのキーワードが有る人が結構いたのですが・・・・今は大分減りましたね。又詰め過ぎたり同じキーワードの記事を作り過ぎるとペナルティを受ける可能性も有りますので要注意です。

・キーワードは訳さずにキチンと付ける。

略語や類似語を使うのはやまましょう!!英語もです。検索エンジンはプログラムで作者の意図なんて組んでくれません。専門用語も使うのも余り良くありません。

・タイトル文字数は出来るだけ30文字以内に収める。

タイトル文字数は何個でも記入出来る様になっていますが、文字数が増えると1つのキーワードの意味が薄れます。短ければいいって訳でもなく適正値は26~30文字ぐらいです。

・複数の動詞と関連するキーワードを付ける。

人によって検索を掛ける時の動詞の付け方が異なる場合があります。リンゴで例えるとこんな感じです。

リンゴのおいしい食べ方 リンゴのおいしい召し上がり方 リンゴのおいしい出し方

リンゴの旨い食べ方 リンゴの美味な召し上がり方 リンゴの最高の出し方

全てフォローする事は不可能ですが、ユーザーがこの場合どういった動詞と関連するキーワードを付けて検索を掛けるか予想してタイトルを付ける様にしましょう。ちなみに私の場合だと上記例ではこう付けます。

最高のリンゴがおいしく召し上がれる(食べられる)美しい出し方

以上がタイトルの付け方・書き方になります。ここで1注意が有ります。それはもし自分のタイトルが他の人とかぶっていた時や、タイトルの付け方が短かった場合は後から付けた自分のタイトルはTOPタイトルに変換されるか・タイトルの横にTOPタイトルが付きます。(タイトル/TOPタイトル)何故この様になるのかと言うとGoogleさんの仕業です。ユーザーが同じタイトルだと混乱するからでしょうね。もしくは差別化が出来ていないと判断されています。そうなった記事はあまりいい評価を受けていない可能性があります。すぐに違うタイトルに変更する事をお勧めします。必ずインデックス状態を確認する様にしましょう。

SEO対策 タイトルの付け方・書き方を制す者がWEBを制す

上記内容を守って頂ければタイトルでのSEOはもう必要無いと思っています。しかしタイトルだけではとても上位表示は出来ません。記事のSEOと合わせてタイトルのSEO効果は発揮されます。

 

私が今現在行っている具体的な記事の書き方

記事を書く時は必ず価値・魅力がある記事内容にする様にしましょう。価値・魅力有る無しは人それぞれですが、出来るだけ万人に受け入れられる記事になる様にしましょう。これは大前提です。難しいですけどね・・・・

■SEO記事の書き方

・記事の最初にページの全容が分かるような工夫をしましょう。

私の場合は少しの説明と目次を書くようにしています。そうすることによって最初の記事でユーザーが有る程度判断して見る価値が有る無いと判断する事が出来るからです。またそういう書き方をする事により自然にキーワードが最初の方に配置する事ができます。検索結果を見ると分かる様に書き始めの部分は検索結果に反映されている事が分かります。初心者がもの申すで検索を掛けた結果になります。説明文も太字になって検索対象になっています。またGoogleの方でも適正な説明文に書き変えてくれる場合も有りますが、ユーザーの利便性を図るためにも冒頭に説明文を入れましょうね。

 

SEO対策検索結果

SEO 検索結果1

 

・見出し(装飾)を使うh1~h6

見出しを使ってユーザーが区切りが何処にあるのか分かり易くしましょう。そうすることによって読み易い記事と判断してくれたユーザーからの評価を受けて又訪問してくれる場合が有ります。h1~h4までは使うと言う記事を良く見ますが、h6まで有るので使えるならh6まで使いましょう。

・キーワード使用率

一つの記事に対して1つのキーワード使用率を6%以下になる様に調整して記事を書きましょう。あまり高すぎると故意にキーワードが使われると判断されて検索エンジンからペナルティを受けている場合があります。

・メインキーワード使用順位を1位にする

メインキーワード使用順位を一番使っている様に調整して記事を書くようにして下さい。かなりSEO効果あると思います。

・キーワード使用数を増やす

これも今かなりSEO効果が期待できます。専門的に記事を書いてると使用するキーワードが偏ってきます。そこでユーザーに記事を分かり易く紹介する為に例えを使います。その例えは専門以外のキーワードを使用する事によってSEO効果が期待できます。私の場合だとどうしても SEO 対策 検索 と言うキーワードの使用ばかりになってしますのですが例えで 自転車 車 飛行機 電車 等を使う事によりキーワード使用数を増やす事が出来ます。

・画像を使う

今現在画像を使う事により評価が上がっている様に思われます。使える場面があるなら積極的に使いましょう。そっちの方がユーザーも分かり易いのです。設置方法のSEOもあります。それはデザインとコンテンツのSEOで紹介致します。

・記事の文字数

長ければ・長い程良いよいですが、それはキーワード使用率を6%に維持したまま文字数を引き延ばした場合になります。単純に文字数だけを伸ばしてもSEO効果は期待出来ませんので注意です。

・外部は極力使わない・内部リンクは使う

内部リンクは正しい・Googleに認められた貼り方をすれば、貼った側・貼られた側の評価をグーンと上げてくれる項目になりますが・・・・だからと言って内部リンクを貼って終わりでは無くて、内部リンクが無い事を想定して説明文を書いて、その下に内部リンクを貼りましょう。

記事の途中で貼られた外部リンクで誘導されたユーザーはもうあなたのブログ・サイトにはほぼ帰って来ないです。

外部リンクを貼る上でプログラムのインストールや画像の取得等で誘導するのは問題無いと思います。その場合だと又戻ってくれる可能性があります。どうしても外部リンクを貼られる場合は記事の一番最後に貼る事をお勧めします。その場合は、あなたの記事を全て見終わった後にリンクに飛ぶ事になります。記事を読も終えたユーザーの次の行動は画面を閉じるか、検索を掛け直す事になります。なので最後まで読んで貰った後なら外部リンクで他のブログ・サイトに行っても影響が無いのです。そうする事によってそのユーザーの滞在時間が増えます。SEOを得られる事が出来ます。

SEO これぞ!!内部リンク効果的な使い方・貼り方・最適化

・重要項目はユーザーが検索を掛け易い言葉選びをする

記事の書き方でユーザーが検索を掛け易い言葉選びをする事で、ディスカッション効果が得られます。仮にサイトの設定でディスカッションを固定したいたとしても、その記事がキチンと最後までGoogleにインデックス登録されていれば、Googleがタイトルに含まれていない言葉でも、記事内のキーワードにヒットしたとして検索表示をしてくれるからです。

下記図はウェブマスターツールの説明で載っている言葉”ウェブサイトの全バージョンを追加する”を記事途中にそのまま埋め込んだ、私の記事の検索結果のディスカッションになります。ディスカション値で登録している言葉が途中でかき消され、検索を掛けた言葉が一致する記事の項目”ウェブサイトの全バージョンを追加する”が、Google検索エンジンによりディスカッション値として書きかえられています。

 

SEO 重要項目はユーザーが検索を掛け易い言葉選びをする

SEO 重要項目はユーザーが検索を掛け易い言葉選びをする

 

以上が具体的な私が今現在行っている記事の書き方のSEOとなります。参考にして下さい。

 

技術に対するSEO対策

技術に対するSEOの説明を致します。Googleさんの回答はこの様になっています。品質に関するガイドライン参照

 

seo対策品質に関するガイドライン

seo 品質に関するガイドライン2

 

1.Googleがサイトのコンテンツを把握出来る様にしてください。

ここでは全てのページが検索エンジンで確認出来る様にして下さいと記載されています。何もしていない状態で有れば問題は何も有りません。しかしrobots.txtやnoindexで検索エンジンの動きの指示している人は注意です。画像・CSS・Javaスプリクトは検索エンジンに読めるようにして置いて下さい。

robots.txtと言う記載が有ります。こちらでインデックスを制御できる仕組みになっています。後で説明します。

2.トラッキングする引数がなくても、検索ロボットがサイトをクロールできるようにします。インデックスが不完全なものになる可能性があります。

セッション ID やサイト内のパスをトラッキングとは訪問したユーザーに番号を付けて行動を把握しようとするプログラムです。自分のパーマリンクの最初に?が混ざるURLがそれに該当します。それらのURLがインデックスされるとオリジナルのURLが重複インデックスとして扱われる場合があります。きちんとrobots.txtでインデックス禁止にしましょう。

3. If-Modified-Since HTTP ヘッダーに対応していることを確認します。

難しく書いていますがキャッシュが使える様にして下さいと言う事です。何もしなければ問題有りません。

 

SEO対策検索結果

SEO対策検索結果2

 

4.ウェブサーバーの robots.txt ファイルを活用します。

この項目の説明が終わったらrobots.txtの説明を致します。

5.広告が検索エンジンの掲載順位に影響を与えないように、適切な対処をします。

広告が検索エンジンの評価対象にならない様にnoindexにて制御します。評価の良いサイトの広告だと検索順位が上がる場合が有ります。

6.コンテンツ管理システムを導入した場合は検索エンジンがサイトをクロール出来る様になっているか確認します。

コンテンツ管理システムとはサイトマップを自動で作ってくれるソフトもしくはプラグインですね。更新した場合きちんと記載されているか?確認しましょう。

7.アクセスしたユーザーにとってあまり価値のない他の自動生成ページをクロールしないよう制御します。

ここではrobots.txtではなくてnoindexを使用するのが一般的です。では価値の無いページとは何かと言うと1つのページを作成すると実はカテゴリー・タグ・ユーザー名・最新投稿記事等複数のページが作成されます。つまり何もケアーしないで1つの記事を公開すると同じタイトルの記事が複数インデックスされます。SEOにおいてこれは凄いマイナス効果なのでキチンと対処しましょう。次で説明します。では自動で作成されない様にすれば?と思われるかも知れませんが、現に私が思って自動作成されないページを作成したのですが、カテゴリー・タグ・ユーザー名・最新投稿記事等複数のページはそれぞれサイトパワーを持っており、自動作成作成されないページはとても検索順位に反映される様なページには育たないです。必要です自動作成される項目!!

8.サイトをテストして、各ブラウザで正しく表示されることを確認します。

そのままです。公開したページがキチンと表示されている事を確認します。各ブラウザとはバージョンによって対応していない場合があり表示されない場合があります。それを確認しましょうと言う事ですね。全てを網羅していないですが人気のあるブラウザをまとめたページになります。暇な時でも参照して下さい。

ウェブブラウザ人気一覧 ダウンロード方法とバージョンアップと特長

9.サイトのパフォーマンスを監視して、読み込み時間を最適化します。

最後の項目とかぶっていますのでこちら一本で説明します。読み込み時間が早い=SEOになる訳ですね。Wordpressを使用しているだけで不利な項目になります。方法は一杯有ります。CSS・PHPの最適化が主なSEO内容になると思います。その中でもheader.phpはとても無駄の多いい項目になると思います。Wordpress内でのテーマを使用される方は是非見直しを!!公式で負荷が掛るのを承知で関数を使わないとテーマ登録出来ませんので・・・・

SEO対策 header.php コードを見直し表示速度を上げる

ざくっと紹介しました。ここからは具体的な対処方法を記載していきます。キチンと理解していきましょう。

 

robots.txtの作り方と記述の仕方と設置の位置

Googleが特定の項目に対してrobots.txtで、該当する項目をクロールしない様に呼びかけている箇所が数点有ります。そこでrobots.txtの利点は私自身余り見だせないですが、キチンと作成してGoogleの検索エンジンに示しましょう。

robots.txtの作り方

robots.txtの作り方を説明します。凄く簡単なのですぐ作りましょう。

自分のパソコンのすべてのプログラムアクセサリメモ帳を選択します。

メモ帳を名前を付けて保存を選択してrobots.txtで保存します。※sの付け忘れが多いいので忘れずに

出来上がりです。簡単ですね!!中身真っ白ですが、それはrobots.txtなのです!!では次にGoogleの検索エンジンに指示をしたいと思います。

robots.txtの記述の仕方

robots.txtの記述の仕方を説明します。※後日キチンと説明します。ここでは最低限の記載方法の説明です。

まず初めに下記の記述を行います。意味は全ての検索エンジンという意味です。ここの書き方でGoogleのみとか記載出来ますが、そんな事はする必要がないのでこの様に書きます。お決まりです。

User-Agent:*

次に記載するのが下記項目になります。サイト全体と記載します。ここもディレクトリだけという記載が出来ますがそれも余り意味が無いので、下記の様に記載していれば問題ないです。この場所は自分のアドレス直下の階層になります。つまり赤字の位置を示している事になります。私の場合で記載します。
Disallow: /

http:seoaccessup.top/ファイル名/

※ファイル名とはさくらのレンタルサーバーのデータベース作成した時の任意で決めたファイル名です又robots.txtはサイトマップ位置を指定して検索エンジンに優先に読みに行かせる事が出来ます。書き方は下記の様になります。お決まりです。私の場合も記載しておきます。

sitemap: サイトマップのアドレスとファイル名

sitemap: http://seoaccessup.top/sitemap.xml

これだけでは意味が分からないと思いますので実際に私が使っている記載例を紹介します。*は全てと言う記載方法です。私の場合はWordpressのwp-admin(プログラムファイル)と頭に?が付く全てのファイルをブロックしています。※技術に対するSEO対策で説明した項目7の価値のない他の自動生成ページの対策です。最後にサイトマップ位置をしてしています。

User-agent: *
Disallow: /wp-admin
Disallow: /?*

sitemap: http://seoaccessup.top/sitemap.xml

不具合あったのでDisallow: /*?*を削除しました。

今現在は上記の様に記載で抑えています。中にはプラグインや価値の無い自分のページをブロックしている方もおられますが、Googleのお偉いさんが余りブロックし過ぎるのも良くないとの事で余り使用していません。最低限に抑えています。

robots.txtの設置の位置

robots.txtの設置の位置の説明になります。少し混乱されるかも?知れませんが置く位置が決まっていますのでキチンとした所に置きましょう。置く位置は自分のアドレスの直下になります。私の場合は下記の様になります。

http:seoaccessup.top/ファイル名/ 

※ファイル名とはさくらのレンタルサーバーのデータベース作成した時の任意で決めたファイル名です。

少し分かりにくかったかもしれませんが、robots.txtは極力使わない方がいいと私は判断しています。robots.tstはGoogleが明確にしている分だけにして後は違う方法で検索エンジンの制御をします。SEOの効果はハッキリ言って分からないです。恐らく記事の数が増えた時に何かしらの不具合が発生するのだと思います。まだの方はお早めに!!

robots.txt 使い方と設置と必要な項目(作成・テスト・送信)

 

noindexの記載方法と使い方

ここではnoindexの記載方法と設置方法と同様な効果があるのか?を説明します。良く使うので使い方を覚えましょう。

noindexとは

その名のとうり検索エンジンにここはインデックスしないで!!と言う意味になります。これを記載する事により検索エンジンに無駄なインデックスを抑える効果があります。もしnoindexを怠ると重複インデックスがとてつもなく発生します。もちろん過度な重複インデックスはGoogle様からペナルティを課せられるので注意です。

重複インデックスの確認と対処(解決)と削除する方法と発生する理由

noindex使い方

URLに記載する場合は下記様に記載します。外部リンク・内部リンクでインデックスを抑える場合に使います。具体的な使い方はその下の赤字の部分になります。

rel=”noindex”

<href=”http://seoaccessup.top/” rel=”noindex”>

又noindexはmetタグでも記載する事が出来ます。その際の具体的な記載方法は下記の様になります。これを使用する場合は自分のプログラム内で使用する事になるでしょう。こちらも上記と同じ意味になります。インデックスしないでと言う意味になります。

<meta name=”robots” content=“noindex”>

この2つの違いはrel=”noindex”はリンク先のURLのみ対象ですが、<meta name=”robots” content=”noindex”>は置かれたページもしくはサイト全体を意味します。この違いはしっかり理解しておいて下さい。

noindex,nofollowとは

当然の様に記載しましたが、noindexとnoindex,nofollowは別物と理解してください。では違いを比べてみましょう。

noindexとnoindex,nofollowの違い

noindexはインデックスはしないでね。しかしリンク先はキチンと見て下さい。と言う意味になります。勿論リンク先のサイトパワーを受ける事が出来ます。

noindex,nofollowはインデックスしないでね。リンク先も見ないで下さい。と言う意味になります。勿論リンク先のサイトパワーを受ける事が出来ません。

具体的な設置場所

では具体的に何処で使えばいいのか説明してみます。ここでキチン理解して正しい設置をしましょう。

<meta name=”robots” content=”noindex”>の設置場所

カテゴリー・ユーザー名・最近の投稿・アーカイブ・タグ・コメントに設置しましょう。ここにキチンと設置しないと重複インデックスが大量に発生します。軽いペナルティを受けるので1つの記事を投稿する前に設置しましょう。最優先です。

rel=”noindex”の設置場所

今現在ではもう使用しなくてもいいかも?知れません・・・・私はそう思います。以前まではサイトパワーの無いページに使用していました。内部リンクで検索順位が低い・破リンクが無い・訪問数が少ないページに使用してました。後は検索順位の高い外部リンクで使用します。

rel=”nofollow”の設置場所

広告のリンク・検索順位が低い外部リンクで使用します。私の場合は外部リンクは全てこの記載をしています。

noindexとnoindex,nofollowはSEOする上で凄く重要ですので必ず記載する様にしましょう。設置がまだの方は今すぐ行いましょう。

 

robots.txtとrel=”noindexの違い

良く似たこの2つに違いを説明したします。これも重要になりますのでキチンと理解しましょう。

robots.txtとrel=”noindexの優先度

robots.txtとrel=”noindex”ではrobots.txtの記載の方が優先されます。

robots.txtとrel=”noindexの精度の違い

robots.txtは記載された項目処理は絶対の処理を行います。インデックスして欲しく無い物は絶対にインデックスされません。と思っていたのですが・・・・インデックスされます。noindexと比べてされ難いと思っていればいいと思います。又robots.txtはnoindex,nofollowと同様にサイトパワーのやり取りが無い記述になります。

rel=”noindex”はたまに記載されているにも関わらず検索エンジンが間違ってインデックスされる場合があります。下記内容はGoogleさんのいい訳です。凄く簡単に書かれています。インデックスされまくりです!!

 

SEO対策品質に関するガイドライン

SEO対策品質に関するガイドライン2-1

 

コンテンツ・デザインにたいするSEO

コンテンツ・デザインに対するSEO対策の説明を致します。幾つかもう紹介してしまったのでそこは飛ばして説明致します。Googleさんの回答はこの様になっています。品質に関するガイドライン参照

 

SEO対策品質に関するガイドライン

SEO対策品質に関するガイドライン3

 

1.静的なテキストリンクからアクセスできるようにします。

静的なテキストとはアドレスをクリックした際に一番最初に表示される部分を指します。つまりTOPページですね。辺にカスタマイズされない限り静的なテキストとアクセス出来ていますので気にする必要はないです。

2.リンクを記載したサイトマップを用意します。

数十ページぐらいなら全然いらないですが・・・・Googleさんが作れというのでキチンと作りましょう。この説明の後で紹介します。

3.1 ページのリンクを妥当な数に抑えます。

今のところ大丈夫です。現在最高で80の内部リンクを施しています。勿論ですがデフォルトで貼られてるリンクも1カウントされますのでご注意を!!

4.リンクを表示するときは、画像ではなくテキストを使用します。

記載のとうりですね。検索エンジンは画像も認識しますがGoogleさんがテキストでリンクを貼る様にとの事なのでキチンとテキストでリンクを貼る様にしましょう。もしそれが出来ない場合は必ずnoindex,nofollowを活用しましょう。

5.タイトルタグの要素と ALT 属性の説明をわかりやすく正確なものにします。

タグを付ける際はタイトルに使っている部分にしましょう。また画像を使う際はalt属性を使用して必ずそれもタイトルに添った記載をする様にしましょう。※この説明は画像の説明の時に記載します。

6.無効なリンクがないかどうか、HTML が正しいかどうかを確認します。

一見ビジュアルモードで確認していると分からないリンクもテキストモードで確認すると意図しないリンクが有ったりします。テキストタイプで無駄なリンクがないか?キチンと確認しましょう。※他の方法で簡単に調べられる方法もあります。この説明は後日説明します。

7.動的なページ(URL に「?」が含まれているページ)を使用しない。

かなり省略しました。技術のSEOで説明した項目の説明です。アクセスしたユーザーにとってあまり価値のない他の自動生成ページをクロールしないよう制御します。URLに?の付いたページを作成しない様にしましょう。また自動で作成される?の付いたURLは、上記で説明したrobots.txtで止めているので大丈夫です。Disallow: /?*の部分です。その他で自動で作成される?の付いたURLをrobots.tstで止めると、ウェブマスターツールでブロックされたソースとして吐き出されるのでしない方がいいですよ。

ウェブマスターツールログイン後→Googleインデックス→ブロックされたリソースで確認出来ます。

以上がコンテンツ・デザインに対したSEO内容になります。ここからは具体的な対処方法を記載していきます。キチンと理解していきましょう。

 

サイトマップの作り方

ブログ・サイトを経験されている方は必ず1度は聞いたことが有るサイトマップの作成の仕方を説明します。

サイトマップとは

Googleの検索エンジンが自分のサイトに訪れた時にサイトマップを設置することにより、あっちこっち勝手にファイルを見に行く検索エンジンにこっちこういう順番で見に来てね。と有る程度指示する事が出来ます。サイトマップは道標なのです。

サイトマップの具体的な記載方法

記載方法は2つ有ります。自動作成ツールで作成する方法と自分で作る方法です。今回は自分で作る方法を紹介します。今回の紹介はsitemaps.orgを使用してサイトマップの作成を紹介します。※クリックするとジャンプ出来ます。記入例は下記の様になります。これを参照しながら説明していきます。

 

SEO対策サイトマップ品質に関するガイドライン

SEO対策サイトマップ品質に関するガイドライン

 

ここの書き方は決まりです。そのまま書いてアドレスの部分を自分のアドレスに書き変えましょう。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>

<urlset xmlns=”自分のアドレス/直下のファイル名/sitemap/0.9″>

ここにページを記載します

</urlset>

ページを記載する際は<url> ~</url>に記載します。ページの分だけ記載する必要が有ります。又ページを指定する必要があるので<loc>あなたのページアドレス</loc>で指定して記載します。複数作成する際は下記の様になります。

<url>

<loc>あなたのページアドレス</loc>

</url>

<url>

<loc>あなたのページアドレス</loc>

</url>

次に更新日の記載をします。書き方は下記の様になります。

<lastmod>更新日付</lastmod>

次に更新頻度を記載します。書き方は下記の様になります。ハッキリ言ってこれは意味が無いです。デフォルトのままでいいです。設置する必要も無いかと思います。

<changefreq>更新頻度</changefreq>

次は優先度になります。書き方は下記の様になります。数値は1.0~0.0の数値から選べます。数値が高いほど優先度が増します。例え0.0を選んだとしてもキチンとインデックスはされます。何も記載しなければ0.5が選ばれます。

<priority>0.8</priority>

以上がサイトマップの具体的な記載方法になります。付け加えるならサイトマップに記載しないから=インデックスしないと言う訳ではありません。記載しなくてもインデックスされます。

サイトマップの設置位置

サイトマップを置く位置は自分のアドレスの直下に置きましょう。私の場合は下記の様になります。

http:seoaccessup.top/ファイル名/

※ファイル名とはさくらのレンタルサーバーのデータベース作成した時の任意で決めたファイル名です。

サイトマップの送信

SearchConsol(ウェブマスターツール)を使って送信します。※クリックするとジャンプ出来ます。

ログイン後→クロール→サイトマップ→サイトマップ追加/テスト→自分のアドレス/Sitemap.xmlと入力すれば送信できます。※後日詳しく説明します。

以上がサイトマップの作り方になります。最初のうちは作らなくてもいいとは思いますが時間が出来れば作成して下さい。

 

画像の正しい使い方

今現在のSEO対策に置いて画像がとても重要になっていると思われます。きちんと正しい設置方法を心がけましょう。

ALT属性を使う

画像を設置する際画像のURL選択後ali=”~”を作成そこに画像の説明文を入れます。説明文の記載方ほはこの様になります。例えばスパーマリオの攻略ついての画像を貼った場合※著作権の問題で一部変更しています

<a href=”画像のURL”><src=”画像のURL” alt=”画像の説明文”></a>

画像の説明文の書き方

○スパーマリオの攻略  ◎スパーマリオの3-4でノコノコを使って無限1UPの説明

説明はより正確に書く方が良いとGoogleさんが言っておられます。又ここで同じ様な言葉を連続で使用するのもペナルティの対象となりますのでキーワード稼ぎとはかは控えて下さい。

同じ画像を2つ以上使う場合

同じ画像を2つ以上使う場合でもそれぞれのalt属性の記述は変更する様にしましょう。説明文を使用されている方は説明文も違う記載をする様にしましょう。

画像を使っての重要な説明をする場合

重要な説明文は必ず記事内で記載する様にしましょう。画像で見せるのは位置や場所だけの表記にしましょう。人によっては見られない場合が有りますのでそうしましょう。

画像の見た目をよくする

画像を貼ると高さ・幅がバラバラに設置されます。有る程度自分でルールを決めて高さ・幅を統一するようにしましょう。凄く見た目が良くなります。又ピンボケが無い様に注意しましょう。

画像の表示速度を上げる

画像はどんなけ軽くしても基本重たいです。その画像に含めれる余計な部分を削って消費されるバイトを少しでも削りましょう。

以上で画像の正しい貼り方の説明を終わります。より詳しく画像でSEO内容を説明したページのリンクを付けておきます。現在のSEOでは画像の設置は凄く高評価を得られるポイントだと思っていますのでキチンと設置と基本を押さえて下さいね。

SEO対策画像の効果的な使い方と貼り付け方でライバルに差をつける

 

まとめ

SEOをする上でGoogleの品質に関するガイドラインは凄いヒントが載っていたりしますのでキチンと一読しましょう。出来れば完全に把握する様にしましょう。品質のガイドラインを読んで私では気が付かなかった部分もあなた自身は気が付くかもしれませんしね。又品質に関するガイドラインはちょこちょこ変わったりもしますので、暇があれば覗く事をお勧めします。又今回説明したのはGoogleウェブマスター向けガイドラインのほんの一部分です。ガイドライン一杯あるので暇な時でも覗くといいですよ!!Google様がおっしゃるとうりに必ず目をとうしましょうね。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。他に気が付いた事等が有った場合はその都度この記事を更新していきます。これからも分かり易いSEOの説明をしていきますのでどうぞ宜しくお願いします。

 

Posted in SEO

関連記事一覧

SEO 誰でも出来る検索エンジン最適化出来る事をやればいい
SEO 検索エンジンと記事の質の関係が与える検索順位への影響力
内部SEO 画像に適切なフォーマットと圧縮を選ぶ方法と作業の効率化
レンダリングをブロック JavaScript・CSS を排除する方法
CSS・JavaScript・HTML縮小(圧縮)するツールと方法
SEO対策 タイトルの付け方・書き方を制す者がWEBを制す
SEO対策 投稿記事を見直して検索順位を上げる手段・方法
SEO対策画像の効果的な使い方と貼り付け方でライバルに差をつける
WordPress 初心者の為のheader.php解説(説明)
SEO対策 header.php コードを見直し表示速度を上げる
robots.txt 使い方と設置と必要な項目(作成・テスト・送信)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です