SEO これぞ!!内部リンク効果的な使い方・貼り方・最適化

SEO これぞ!!内部リンク効果的な使い方・貼り方・最適化

内部リンクは調整し易く安易にページの質を上げれる項目の一つが内部リンクになります。ページの質を上げる事により検索順位を上げれる事は勿論の事、その順位を維持するのに大切な要素だと私は思っています。では私が実際に色んな条件で内部リンクを貼って実験した結果を報告したいと思います。

 

スポンサーリンク

効果抜群の内部リンクの貼り方

あくまで私の検証結果で報告致します。色々と絡み合ってホントに難しい内部リンクなので間違っていたらごめんなさい。またアリゴリズムの変化にかなり敏感に上下する項目であると思っているのが内部リンクです。何時この内部リンクの貼り方が効かなくなるかは分かりませんのであしからず。現在分かっている効果抜群の内部リンクを2つだけ紹介したいと思います。

タイトルのによる効果的な内部リンク

タイトルの一部が絡む投稿ページの内部リンクの効果は絶大です。例えば私の場合であればSEOと言うキーワードが有るタイトル同士で内部リンクを貼ると効果が出ます。簡単に使える内部リンクですね。もし関連性が無い場合でも横並びにする事により違和感の無い内部リンクを貼る事が出来ます。計画性が大切な内部リンクになります。

横並びとは、ブログを投稿すると記事下に前の投稿・次の投稿とタイトルが表示されます。これも勿論内部リンクになります。

 

SEO これぞ!!内部リンク効果的な貼り方・使い方・最適化

SEO これぞ!!内部リンク効果的な貼り方・使い方・最適化

 

内部リンクには恐らくですが貼れる数が決まっています。(Googleからのペナルティ)まだその項目でペナルティを受けた事が無いので分かりませんが内部リンクを設置する数が決まっている以上は、自然に貼れる所は自然に貼った方がいいです。理想の貼り方はシリトリ見たいな感じで記事を作成すれば自然に内部リンクを設置する事が出来ます。又内容が異なって不自然な内部リンクを避ける事にも繋がります。これが横並びです。私は勝手にシリトリンクと呼んでいます。

タイトルのシリトリ内部リンク

先程の自動で作成される内部リンク前の投稿と次の投稿でタイトルの一部のキーワードがカブル様に調整してタイトルを書く方法です。正直大変です。しかも一致するキーワードは検索に使われるキーワードで無ければ意味が有りません、なので無理にする必要は無いと思いますが出来る所はそうしましょうね。

タイトルの内部リンクの検索順位の結果

2015-12-01に公開した記事での検索順位になります。

公開したタイトル

robots.txt 使い方と設置と必要な項目(作成・テスト・送信)

内部リンク効果が有ったタイトル

WordPress関数を使ってブログ内に関連記事を設置する方法

検索順位が上がったキーワード

関連記事設置

 

内部リンクの設置・貼り方 タイトルの付け方

内部リンク タイトルの付け方

 

元々は1位だったのですが、記事の質が余り良くない位置にいて少しづつ検索順位を落として行きました。今回の内部リンクの結果記事の質が向上し、元々検索順位1位の実力を持っていた記事なので返り咲いた形になります。又この公開したタイトルで色んなキーワードを稼いでいるので、この記事を柱として今後の公開記事への内部リンクへの影響も期待出来ます。

如何でしょうか?タイトルってホントに凄いSEOにとって大切だと思いませんか?検索順位・記事の質・ユーザーへのクリック率への影響タイトルこそSEOです!!内部リンクへの影響も絶大です。

キーワード使用率(使用数)による効果的な内部リンク

キーワード使用率書きましたがどちらかと言うと、キーワード使用数の方が正解かも?知れません。正直まだ掴めていない内部リンクの項目になりますが効果はキーワード使用率(使用数)が多ければ多いい程良い結果に結びついてます。言葉より結果ですねでは見てみましょう。まだ投稿後SEO調整していないキーワード使用率(使用数)になります。3位に位置づいているキーワード検索が今回の対象になります。

 

内部リンク キーワード使用率(使用数)

内部リンク キーワード使用率(使用数)

 

そのキーワード使用率(使用数)が今回の内部リンクに与えた影響は以下の様になります。このキーワード“検索キーワード”はとても苦労してるページになります。色々とSEOを施しては順位を下げを繰り返しています。根本的に記事の質が悪いんですね・・・・その内対応します。話に戻します。このページの最高検索順位は36位(元々そこまでの力がある記事)でしたが今回の内部リンクで34位まで検索順位を上げる?戻す事が出来ました。※記事の質はそのままなのでまたドンドン順位を落としていきます。

 

内部リンク 検索順位を上げる 検索キーワード順位

内部リンク 検索順位を上げる 検索キーワード順位

 

以上が今現在掴んでいる効果的な内部リンクの使い方・貼り方になります。是非実践して見て下さい。では逆に効果が無い貼り方を見てみましょう。

 

逆効果な内部リンクの貼り方

勿論ですが効果が有る内部リンクも有れば・効果が全く無い・もしくは逆効果な内部リンクの貼り方が有ります。これを知っておかないと幾ら上記で説明した内部リンクを行っても検索順位を結果下げる羽目になってしまう事が有ります。キチンと理解しましょうね。

記事の質が悪いページからの内部リンク

この記事の質が悪いページとはどういうものなのでしょう。自分の投稿してる記事の質を確認する方法が有ります。それはsite:サイト名での表示順位になります。記事の質に関する詳細は下記リンクを参照して下さい。

SEO 検索エンジンと記事の質の関係が与える検索順位への影響力

記事の質が悪いページで記事の質が良いページにリンクを貼ると記事の質が良いページの質を下げるだけでは無く、検索順位を大幅に下げる原因にもなります。しかし何故か私の経験上その逆はさほど検索順位への影響は無く記事の質が悪いページを改善する事が出来ます。

 

内部リンク 逆効果な内部リンクの貼り方と対処方法

内部リンク 逆効果な内部リンクの貼り方と対処方法

 

全く関係の無いリンク

効果抜群の内部リンクの貼り方で説明した内部リンクに該当しない貼り方になります。タイトルに含まれない・キーワードも使用されていない内部リンクになります。貼るだけ無駄なのでやめましょうね!!上記でも説明しましたが内部リンクには制限が有ります。決められた枠が有る以上1つでも無駄に出来ないのです。それにこの類の内部リンクは大きく記事の質を落とし検索順位も大幅に下がります。検証済みで御座います。

 

時には記事を切り捨てるのもSEO

ページ一つ一つを大切にしたい気持ちは分かりますが、これ以上の関連する記事が書けない・タイトルの変更や・記事の手直し・内部リンクでも記事の質を上げる事が出来ない場合は、何処にも内部リンクを施さずに、ただ孤立させるのもSEO対策に成りえます。nofollow設置も有効な方法ですがあまりお勧めしません。何故なら恐らくnofollowも内部リンクで1カウントされるからです。記事の投稿数が少ない(内部リンクが少ない)場合はその限りではございません。貼ってクリックが貰えるならnofollow付きでも内部リンクを貼りましょう。

 

理想な内部リンクの最適化

内部リンクの最適化の紹介を致します。もうご存知だと思いますが見せたい記事に最終的に内部リンクが集まる様に設置する様にします。勿論見せたい記事自体の質も出来るだけ上げておくとより効果的です。

 

内部リンク 有効な貼り方・設置

理想な内部リンクの最適化 有効な貼り方・設置

 

人間の社会の図の様な内部リンクの貼り方をすればより効果的になります。何故か悲しいですね。でもこれが現実です。有る程度投稿数が出来れば関連する項目で繋げて行けばいいと思います。計画的に記事が書ける人であれば上記の様にピラミッド型にリンクが貼れる様に記事を仕上げて行けばいいです。かなり有効です。

 

具体的なピラミッドリンクの作り方

理想な内部リンクの最適化で説明したピラミッドの様にリンクを貼るのは結構大変です。しかも投稿数が多ければ多いい程その苦労や把握は難くなってきます。そこで私が提案するのはこのピラミッドをPHPで作成した関連記事の紹介で作成・リンクする事です。

PHP関連記事でピラミッドを作成する

多少でもPHPが分かる方は自分好みに置き変えて下さい。私が紹介するPHPは3段階のピラミッド構成の内部リンクになっています。赤字の部分にページIDを手動で打ち込みピラミッド内部リンクを作成します。

$kanren_hi ピラミッドの頂上にしたいページIDを入れます。

$kanren_middle ピラミッドの中間部分にしたいページIDをいれます。

$kanren_low ピラミッドの一番下にしたいページIDを入れます。

たったこれだけで3段階のピラミッド内部リンクが自動で作成されます。 下の段に成れば成る程内部リンクの本数を増やしている作成の仕方をしています。カテゴリー分けしているので間違ったカテゴリー分け・ランク分けをしていなければ記事の質を上げてくれて、検索順位を大幅に上げてくれるハズです。

<?php
$cc1 = get_the_category();
if(isset($cc1)){
  $c3 = "name";
  $now_id = get_the_ID();

//表示している投稿ページ以外のカテゴリーの取得
//ピラミッド頂上のリンクページ
  $kanren_hi = array('49','65','403','506','1061','1252','1274');
//ピラミッド中間リンクページ
  $kanren_middle = array('5','188','205','250','258','323','469','628','655','738','777','879','897','1224');
//ピラミッド一番下のリンクページ  
  $kanren_low = array('72','150','527','647','948','1026','1098','1175');

//現在表示されているページのランクを見てリンク先を決める
  if (in_array($now_id, $kanren_middle)){
    $kanren=$kanren_hi;
  }elseif(in_array($now_id, $kanren_low)){
    $kanren=array_merge($kanren_low,$kanren_middle);
  }else{
    $kanren=$kanren_hi;
  }

  foreach( $kanren as $kanrens ){
    if( $now_id == $kanrens ){
    }
    else{
      $c4 = array();
      $c1 = get_the_category( $kanrens );
      foreach( $c1 as $c2 ){
        foreach( $c2 as $key => $value ){
          if( $key == $c3 ){
            $c4[] = $value;
          }
        }
      }
//表示している投稿ページ以外のカテゴリー配列に投稿ページIDを追加する
      $c4 += array('pageid'=> $kanrens );
//表示している投稿ページのカテゴリーの取得
      $cc4 = array();
      foreach( $cc1 as $cc2 ){
        foreach( $cc2 as $key => $value ){
          if( $key == $c3 ){
            $cc4[] = $value;
//表示している・していない投稿ページのカテゴリーが一致する投稿IDの取得と表示
            $key1 = in_array($value, $c4);
            if ( $key1 ) {
              $id = end( $c4 );
              if( $id == $checkid ){
              }else{
                if(isset($checkid)){
                }else{
                  echo ('<h2>'."関連記事一覧".'</h2>');
                }
                echo ('<a href="'.get_permalink($id).'"target="_blank">'.get_the_title( $id ).'</a>'."</br>");
                $checkid = $id;
              }
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}?>

更新日2015/12/06

内部リンク(関連記事)で表示されるページタイトルの装飾は全く行っていない状態です。好みに合わせてお使い下さい。又他にいいピラミッド内部リンクの構成が見つかり次第こちらのページで更新していきます。

内部リンクを使うPHPファイル

上記PHPコード設置位置は下記場所になります。

WordPress内ダッシュボード外観テーマの編集単一記事の投稿(single.php)

 

内部リンク ピラミッドリンクの設置位置

内部リンク ピラミッドリンクの設置位置

 

単一記事の投稿(single.php)コード内ループ処理間に設置しています。好みにもよりますが私は前の投稿・次の投稿の上に関連記事(ピラミッドリンク)の設置しています。

 

内部リンク ピラミッドリンクの設置位置1

内部リンク ピラミッドリンクの設置位置1

 

是非一度試してみて下さい。きっとあなたのSEOに役立つと思います。又上記PHPコードを詳しく理解したい方は下記リンクを参照して下さい。難しい記載していないので基本さえ分かっていればスグ理解出来ますよ。

WordPress関数を使ってブログ内に関連記事を設置する方法

 

SEO これぞ!!内部リンク効果的な貼り方・使い方・最適化まとめ

SEOで私が把握している大きな効果が期待出来る項目の1つ内部リンクの説明をしてきました。まだまだ把握しきれていない部分が多いいですが、今分かる範囲の項目でも検索順位を大きく上げる事も可能です。内部リンクのより詳しい事が判明次第この記事で追記・紹介していきます。自然の流れで貼る内部リンクも記事の質を落として検索順位を上下させる事が有ります。過度な降下はすぐ対処するべきですが、小さな下降であれば私は無視しています。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。これからも分かり易いSEOを紹介していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

Posted in SEO

関連記事一覧

SEO対策検索順位チェックツール GRC凄くお勧めする理由 
最低限必要な2つのSEO対策ツールの使い方 初心者の方必見です
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です